古宇利島系男子のブログ

沖縄県北部やんばるの古宇利島から、徒然と感じたことを。関係ないこともたくさん。

未来に戸惑う僕の背中を

投稿日:

僕の好きな本を紹介します。

 「アルケミスト−夢を旅した少年」

IMG_2374

1988年の本で、世界的なベストセラーになっています。

6,500万部!!

パウロ・コエーリョというブラジルの方の代表作だそうです。
21歳の誕生日プレゼントとして、

高校の同級生から郵送されてきたことでこの本に出会いました。

(「老人と海」とセットで。)

薄い本だったので、あまり期待はしていませんでした。

ですが、「この本は素晴らしいよ。すべてが詰まってるよ!」とおすすめされました。

文庫本を読む時に期待しているものを遥かに超えてくるんです。

 
信じること。

愛すること。

これらを本気で行うのは勇気がいると思うんです。

愛するということをする時、

必ず良い方向に進むと思うんです。

 

何かを得るために何かを失う。

失うのがこわいから、挑戦できない。

でもみんな憧れてる。

これって現実世界には多い話ではないでしょうか。

 

この物語を読んでいると、

「ほら、早く気づいてごらん。」

と筆者に言われているような気持ちになりました。

 

物語の中には夢を実現しない選択をした人もいるのが、

現実的でおもしろいですし、興味深いです。

愛は人を成長させる。

僕にはこれが一番伝わりました。

(異性に対する愛もですが、すべての物事に対する愛)

大人になるにつれて
 
「人が自分の事をどう思うか。」
という世間体的なものを基準に

自分の行動を決めてしまう人が多いと思いますが、

 

まだ見ぬ自分に出会いたい。

未来に戸惑っている。

そんな僕の背中をそっと押してくれるような本でした。

読んでいる人は多いと思いますが、

まだ読んだことの無い方には、非常におすすめします。

それでは。

-

執筆者:


  1. […] 以前の記事はこちら 未来に戸惑う僕の背中を […]

関連記事

もっともっと知りたくて同じ本を買いました

本を買いました。   以前ブログでも書いた「アルケミスト」それの英語版です。 以前の記事はこちら 未来に戸惑う僕の背中を   ブラジルの小説で、パウロ・コエーリョの代表作。 原作は …

小説とマンガ

備瀬 フクギ並木 Canon kiss x4     2017年はブログをたくさん更新しよう!と思ってたのだけど、気付くと1ヶ月が過ぎている。 どうにか習慣にしたいところ。 &nb …

 Shinji Ogata




92年福岡県の北九州市生まれ、埼玉県の浦和育ち。青学卒。 大学生の頃通い始めた古宇利島。気づけば今は古宇利島でいろいろ頑張っています。古宇利島ビーチサイドというお土産屋をやってます。


〒905-0406
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利348
(ブルーガーデン敷地内)
(古宇利大橋渡り、すぐ右に曲がる)
ロゴをクリックすると移動します。

星空フォトツアー開催しています。
詳しくはWebサイトを御覧ください。
ロゴをクリックすると移動します。