古宇利島系男子のブログ

沖縄県北部やんばるの古宇利島から、徒然と感じたことを。関係ないこともたくさん。

日記

授業が隣だった先輩による自分への影響

投稿日:

今回のブログは無駄に長く、文章もぐっちゃぐちゃ。

暇な人以外は読まなくていい。よろしく。

 

 

変なタイトルのブログだけども、よく考えたら1人との出会いでけっこう変わってるな〜って気づいた話。

 

大学3年生の時の話。

僕が授業を選ぶ理由は、

⒈単位は簡単に取れた方がいい。

⒉できるだけおもしろい、興味が持てる、役立つ授業がいい。

その2つの基準をクリアした授業「情報スキルⅡ」という授業があった。

後期の授業で火曜日の4限だった。

火曜日の5限には通年で英語の授業があったからちょうどいい、ということで履修した。

Microsoft Office の少し発展的な使い方を学ぶ。Word、Excel、PowerPointなどをより効果的に使用することや、プレゼンをうまくやるためのコツなど。

真面目に聞けば、本当に無駄にならないような授業だった。

PCリテラシー・ネットリテラシーを高める良い授業 というコピーをつけたくなるような感じ(笑)

この授業ではグループワークもあった。

先生がランダムに決めた4人で行うものだった。

このグループでテーマを決め、調査し、データなども用いて、プレゼンをする。

これが最終課題だった。

先生から発表されたグループは、自分(3年男)と4年男、2年男、2年女だった。

良い人そうで、真面目そうで、安心したのを覚えている。しかし、4年男がいない。

「履修登録だけして授業来てないパターンか」と思った。

 

と、思ったら4年男がきた。さわやかだった。

これが今回のブログの主役「先輩」だ。

その日は連絡先だけ交換して終わった。

 

 

 

先輩はあんまり授業に来ない。

かといって、単位は落とさないくらいには出席する。

先輩はいつも眠そうだった。

席に座るなり、iPhoneをPCにつないで充電していた。

何回か授業を重ねるごとに先輩と話すようになった。

だけど、授業以外は会うこともないし、連絡を取り合うこともない。

 

先輩は基本的に優しい。

そして、現実的。

「◯◯は、△△で、✕✕だから、〜〜なんだ。」という話が多かった。

 

 

先輩は就職が決まっていて、どんな目的で決めたのか。

単位を落としたら卒業が危ないこと。

家がけっこう近いこと。

大学時代にしたいろんな経験のこと。

PCがけっこう使えること。

 

先輩はけっこういい会社に就職決まっていた。

だけど自慢するような感じには聞こえないし、物腰柔らかくとても良い人だった。

 

 

自分もいろいろ話をするようになった。

卒業後は古宇利島へいくと決めてあること

先輩とは違ってけっこう単位は取れていること

などなど。

 

先輩は頭が良かった。

話の仕方が、大学生っぽくなかった。言葉づかいというよりは、話の組み立て方が。

話の結論への辿り着き方が、非常にすっきりするような話し方。

 

3年生の後期最後の授業になり、グループワークも無事終了した。

(先輩の完璧なプレゼンが炸裂した)

 

 

このグループも終わりか〜(あんまり仲良くなってないけども)と思っていたら、

「今度飲みに行こうか!」と先輩が誘ってくれた。

「お気に入りのお店があるから」と添えて。

 

なんか自分にはないものを持っているタイプの先輩とはもっと仲良くなってみたい!と思った。思っていた。

という流れで飲みにいった。

 

すっごく楽しかった。

お酒もご飯も美味しかったし、お店もオシャレだったし、話もおもしろかった。

先輩はお店の常連さんだったので、他の常連さんやオーナー、スタッフなどとも話ながら楽しんだ。

お会計も先輩がほとんど出してくれた。

先輩が大学を卒業するまでの間で、会ったのはその日が最後だった。

 

 

 

その飲み屋で先輩と話していたことがあった。

先輩は、Web制作会社でアルバイトをしていたことがあるらしい。

自分は丁度興味があった。

先輩に紹介してもらうことになった。

「また来月になって気が変わらなければ連絡して」と言ってくれた。

 

 

 

 

1か月後、

先輩に連絡すると

「社長に連絡したから、◯日の◯時に会社のオフィスで面接だよ」と

面接までは先輩が円滑に話を進めてくれた。

 

15人程のベンチャー企業だ。

面接に行くと、「はい、採用!」と社長から。

 

先輩が少し話をしてくれていたのか?よくわからないけど、採用された。

そして、2014年の12月まで、つい最近まで働いた。

4年生になってからは、週3で働いた。

秋になってからは週4で働いた。

自分の生活の軸がその仕事だった。

素敵な社員が多い会社で、働いていて居心地良かった 。

非常に勉強になった。

最後には、辞めたくない!!と思えるほどだった。

社長にも「辞めないで!」と言われるくらい良い感じで働くことができた。

 

 

 

 

最近になって気づいた

 

あれ?先輩と同じグループになっただけで、俺の大学4年の生活が変わってる?

たぶん先輩と出会わなかったら、違うバイトをしていたな〜と思った。

 

そしてもう一個

 

先輩と飲みに行った時に出会った「他大学3年女」との出会いで、おもしろいことがいくつかあった。

その3年女の地元の子ども会のイベントを手伝うようになった。

地域の小学生と2泊3日のキャンプに行ったり、クリスマス会したり。

これは今までの自分にはない全く新しい経験だった。

また、そんなキャンプを一緒に手伝う大学生との出会いも良かった。

 

子供は必死だから、こっちも必死になる。

そんな必死同士の環境で友達になった大学生だから、なんか普通の友達より打ち明けるのが早かった。

見栄を張るようなことは誰もしないし、なにかの殻にこもることもなく、

すっごくフラットな感じで繋がりができた。

先輩と出会ったことで、繋がった「他大学3年女」の影響で、俺の大学4年の生活が変わってる?

「他大学3年女」のおかげで、今まで全くチャレンジしてこなかったジャンルに踏み出すことができた。

 

 

あれ?先輩の影響ってけっこうでかくない?って思った。

Web制作会社でバイトすることになった(めっちゃいい会社で、いい勉強できた)

小学生引き連れてキャンプに行った

いい影響を先輩から受けることができたなと思う。

 

僕が授業を選ぶ理由は、

⒈単位は簡単に取れた方がいい。

⒉できるだけおもしろい、興味が持てる、役立つ授業がいい。

 

こういう理由でなんとなく受けた授業から、いろんなことが起きた。

日々の生活の中でも、こうやって日常を変えるきっかけがゴロゴロと転がっていたんだな〜と思った。

 

 

 

 

今日、久しぶりに先輩に会ったので、そんなことを思い出したから、ブログに書いてみた。

良い人に出会う運勢が高い気がする。

「授業が隣だった先輩による自分への影響」は思ったよりも大きい。

先輩だけじゃないけども、こういうことたまにあるからひとつ書いといた。

おわり。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰もが誰かのチカラになりたい。

  新型コロナウイルスの影響で観光産業も大打撃で、 僕がやっている店舗やサービスのほとんどが直接的な影響を受けています。 こればかりはどうしようもないことなので、補償がどうこうとかではなく …

卒業

  大学を卒業した。 2011年の4月に入学して、4年間。長かった〜。 東日本大震災が影響し、周りの大学は入学式を1ヶ月遅らせたりしてたけど、青学は夏休みが1ヶ月伸びた。 今思えば、1年生の …

肉や食堂 in おうち を制作しました。

沖縄県うるま市、海中道路を渡った1つ目の島 平安座島(へんざじま) 平安座島の住宅街で営業している飲食店、 肉や食堂 in へんざのオンラインストア   「肉や食堂 in おうち」を制作しま …

テンションのはなし

こんちは〜す(タコ口)   最近感じていることがけっこう大事だと思ったので、ブログに書いてまとめます。         「テンション」がけっこう大事 …

毎日早い、毎年早い

  気づけば年度末で。 春休みで賑わう古宇利島で毎日頑張っています。   春休みは、以前来てくれたことのあるお客さんがよく来ます😊 これはお店やってる中でも本当に嬉 …

 Shinji Ogata




92年福岡県の北九州市生まれ、埼玉県の浦和育ち。青学卒。 大学生の頃通い始めた古宇利島。気づけば今は古宇利島でいろいろ頑張っています。古宇利島ビーチサイドというお土産屋をやってます。


〒905-0406
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利348
(ブルーガーデン敷地内)
(古宇利大橋渡り、すぐ右に曲がる)
ロゴをクリックすると移動します。

星空フォトツアー開催しています。
詳しくはWebサイトを御覧ください。
ロゴをクリックすると移動します。