古宇利島系男子のブログ

沖縄県北部やんばるの古宇利島から、徒然と感じたことを。関係ないこともたくさん。

ボランティアスタッフ 古宇利島ビーチサイド

この夏があの夏になったら…

投稿日:2015年9月22日 更新日:

S__17514501

 

9月ももう20日を過ぎて、10月ももうすぐ。

 

夏ってあっという間です。

6月にお店を作って、7月1日にオープンさせて。

そんな感じで夏が始まった。

鮮明に残る日々が多すぎて多すぎて。

 

この夏だけで、映画ができちゃいそう。

 

 

 

この夏、こんな僕の元にも何人ものボランティアがきてくれています。

去年までは自分自身がボランティアとしてきていたからこそなんか不思議。

 

 

今日のブログは特殊です。

ボランティアスタッフの「あつし」が書いてくれました!

このブログに載せる用に書いてくれたのでその内容を更新するんです!

僕への感謝が書かれすぎてて、恥ずかしくって載せにくいけどね……(笑)

 

 

S__17514506

 

篤嗣と僕。

(俺の方が背が高いのに篤嗣の方が高く写っているのが甚だしいところでございます。)

 

———-以下、篤嗣が書いてくれたブログ———-

 

こんにちは!ボランティアスタッフのあつしです!

今は山口に帰ってきて、普通の大学生活に戻ろうとしています。

まず、僕の想いをこうしてブログに書かせていただいてる しんじさんに最大のありがとうを言いたいです。

古宇利でもいつも支えてくれて、僕はいつもしんじさんの背中をみて、過ごしました。

これまでの人生の中でこれほど尊敬できて、ずっと一緒にいたい、すべて知りたいって思ったのはしんじさん以外いません。

本当に大好きです。

 

 

自分と歳が近いが故に、越せそうで越せない距離感が、自分を高めてくれたんだと思います。

しんじさんに出会えて本当に良かったです。

ありがとうございます。

 

 

しんじさんのブログをみて、直感で決めたこのボランティア。

 

古宇利島では、飽きない絶景とたくさんの出会いの連続、

沖縄の温暖の気候のせいか、時間はスローペースで流れているようでも、気づけば、ハイペースで流れていった。

古宇利での18日間は、大学生活とはまったく違う常識と環境の中で進んでいて、あっという間でした。

 

古宇利での生活は楽しかったです。

しかし、たくさん考え、もがいて、苦しい思いもしました。

なにより、自分の受け止めにくい自分を見つけられた、そんな日々でした。
それは、初対面の自分のことを思ってくれて、僕のために時間を割いてくれて、本気で正面からぶつかってくれたしんじさんをはじめ、YOSHIKAグループの方たちがいたおかげです。

本当に感謝しかないです。

今までの自分は、「過去は変えられないけど、未来はこれからの自分次第で変えられる。」と思っていた。
しかし、古宇利にきて、YOSHIKAグループのいろんな人と1対1で話をして、「過去は自分次第で変えられる。」へと変わりました。

今の自分が、これまでの自分をどう思うかで、過去は変わる。

そして、今の自分があるのは過去のおかげ。

だから、つらい過去も、悲しい過去も、今の自分にとって不可欠なものとして受け止めないといけないと思った。

この18日間で何が変わったのか、自分では分からない。別に変ってなくてもいいかなって思う。

 

むしろ、帰ってから、いつも通りの日常に戻ってからの方が大切だと思う。

ここで学んだこと、感じたこと、泣いたことは、忘れたくない。

でも、忘れないようにしようとしても、必ず、忘れてしまう。

 

 

だから、こっちにいる間に、同じボランティアのみんなと連絡をとり、

「あの時、こうだったね。」「古宇利の景色、きれいだったね」って古宇利のことを思い出したい。

 

そして、また古宇利に戻ってくる。

必ず。

YOSHIKAグループの方たち、ボランティアのみんなやお客さんに本当に感謝しているし、それを何の形であれ恩返ししたい。
そうじゃないと、ここに来た意味が完結しない。

 

それまでこっちの生活を全力で送る!

また来た時に、しんじさんに「あつし、なんか変わったね。」と言ってもらえるように。

 

 

S__17514499

S__17514500

S__17514503

S__17514504

S__17514505

S__17514507

 

———-以上、篤嗣より。———-

(写真も最後の1枚以外は篤嗣が撮影)

 

 

篤嗣、ありがとう!

 

僕からすると、こうやって想ってくれていることだけで十分に満足してる。

 

この夏に篤嗣にいろいろなことを伝えて、

(伝えることの難しさも感じました)

それによって、自分自身にも言い聞かすことができて。

たまに「俺って篤嗣にこんなこと言う資格あるのかな?」とか思うことも。

もっともっと自分頑張らな!!となる原動力にもなった。

 

 

篤嗣、次はいつくるんだろうか!

次来た、篤嗣は“この夏”よりも変わって帰ってくるはず。

“この夏”よりももっともっとたくさんのことを得ようとして、古宇利島に来るはず。

 

そんな篤嗣が来た時、恥ずかしくない自分でいれるようにもがんばりたいと思いました。

たくさんの経験をくれてありがとう!篤嗣に出会えてよかった!

 

 

篤嗣のTwitterです。
フォローしてると素敵な写真がタイムラインに流れてきます。
Follow @s_sortie

 

篤嗣はLovegraphというカップルフォトサービスでカメラマンをしています。

山口県にて撮影を依頼する人はぜひ篤嗣をご指名どうぞ!素敵な出会いになります。

https://lovegraph.me/

 

 

この夏があの夏になることを祈って。

 

 

YOSHIKAの夏はすごいです。ボランティアとしてずっと感じてきたけど。

今年はもっともっとすごい。

木嶋さん、康代さん、YOSHIKAのみんな、感謝してます!

-ボランティアスタッフ, 古宇利島ビーチサイド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

置かれた場所で咲く花たち

  3月の初め頃、2人のボランティアが来てくれました。 普段から賑やかな古宇利島ビーチサイドだけども、 いつも以上に笑顔の絶えない日々でした。       &n …

鈴木友里絵

  シンガーソングライターの鈴木友里絵が古宇利島へ来てくれました。 彼女(以下、すーさん)は大学のクラスメイト。   入学した頃から、やけに明るい人いるな〜と思ってたけど、 久しぶ …

沖縄県北部の古宇利島でボランティアスタッフを募集しています。

   (2016年3月に来てくれたボランティアとの写真)   古宇利島ビーチサイドでは一緒に頑張れるボランティアスタッフを募集しています。   沖縄県の北部 やんばる 今帰仁村(な …

古宇利島ビーチサイドの看板をつくったよ。

  これは7月の出来事です。(笑) なかなかブログ更新することできてなくて。 今も暇ってわけじゃないのですが、気分転換にブログ書いてる感じ。 夏は大忙しで楽しいです。   7月1日 …

2015年

新年あけましておめでとうございます! 2016年は申年。僕はトシオトコ。名前にも「伸」という字が入ってるから、なんだか気合が入ります。       古宇利島からの初日の出 …

 Shinji Ogata




92年福岡県の北九州市生まれ、埼玉県の浦和育ち。青学卒。 大学生の頃通い始めた古宇利島。気づけば今は古宇利島でいろいろ頑張っています。古宇利島ビーチサイドというお土産屋をやってます。


〒905-0406
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利348
(ブルーガーデン敷地内)
(古宇利大橋渡り、すぐ右に曲がる)
ロゴをクリックすると移動します。

星空フォトツアー開催しています。
詳しくはWebサイトを御覧ください。
ロゴをクリックすると移動します。