古宇利島系男子のブログ

沖縄県北部やんばるの古宇利島から、徒然と感じたことを。関係ないこともたくさん。

日記

頼むことと頼まれること

投稿日:

(長いです。)

 

僕は

「誰かにできて、自分ができない」

というのが基本的に好まない(笑)

昔から、負けず嫌いなんです。

 

かといって、

できないことに対して血の滲むような努力まではできず、

そこそこの努力をすることはあるけど、

努力してまで手に入れたいナニカではなかった場合、すぐ諦めてしまう。

中途半端なところがある。

 

少なからず、自分でもできるんじゃないか?と一度は信じ、

チャレンジすることはかなり多い。

 

古宇利島へ来てからもその繰り返しだ。

 

 

古宇利島には

人生の先輩がたくさんいる。

 

初めて来た時、

お店や場所、空間、世界を創ってきた、この人たちに感動した。

 

お店を建てる。(文字通り、自ら工事して建てること)

お店のホームページをつくる。

お店のメニューをつくる。

お店の経理をする。

僕と10個も離れてないお兄さんやお姉さんたちが、

それぞれ自力でなんとか頑張っている。

(みんなその道のプロではない)

そしてしっかりお店が成り立っている。

 

 

大学1年生ながらに、謎に悔しかった(笑)

今さらだけど、そこで悔しいと思える心がかなり謎だ。

そのくらいに負けず嫌いなんだと思う。

 

 

だから、古宇利島へ来てからは、

できるかどうかは別としてなるべく自力で、やってきた。

もちろん、自分1人では何もできないんだけど。

 

 

先輩たちのマネして、失敗しながらやってきた。

 

 

お店ができて、いろんなもの作って、失敗して、

そんなことしてるうちに、いろいろできるようになった。

 

もうすぐ26歳だけど、

あの頃悔しいと思った先輩達に肩を並べられているだろうか。

そんなことをたまに考える。

 

 

「なるべく自力で」

このおかげでいろんな力がついた。

簡単な小屋くらいなら基礎から作れる。

電気、水道、溶接、その辺もDIYレベルなら大丈夫。

ホームページも、チラシも、メニューも、最低限なんとかなる。

 

これらは全部全部、

できる人たちから教わったり、

見よう見真似でやってみたり、

技術を盗んで取り組んできたから。

 

かなり盗みのプロになったと思う(笑)

 

今日は別にできることを自慢したいわけじゃないんです。

できなかったことができるようになると、いろいろ変化があるんです。

以下、本題。

 

 

頼まれることと頼むこと

仕事をしていたら、

頼むこともたくさんある。

頼まれることもたくさんある。

これは「任す、任せる」とはまた違う。

お願いしたり、お願いされたりする意味での「頼む」だ。

 

できることが増えた僕は、

人から頼まれることが増えた。

 

自分の仕事と両立しながら(できてない時も多い…)

人からの頼まれ事も頑張っている毎日だ。

 

いろいろな人から、様々なことを頼まれる。

ここでかなり発見。

頼み方が人それぞれ、かなり違う。

 

 

  • 頼むのがとっても上手な人
  • 頼まれてないのに、こっちから手伝っちゃうパターン
  • 頼むの下手だけど、めっちゃ喜んでくれる人
  • 頼んだら、あとは任せっきりな人
  • 頼んだのに、全然任せてくれない人

本当に様々。

(僕に頼んだことある人、これ悪口じゃないのでね)

 

頼むのが上手な人は素晴らしいし、たぶんモテる

というのが、今の僕の結論です(笑)

 

そういう人の場合、

「この人の為なら、もっともっと頑張って良いモノ作ろう!!」

気付くと、そうやって思ってる自分がいるのです。

しかもそれは、制作物に対する対価の大きさとは無関係に。

 

最終的に、より良いモノつくりを責任持って取り組んだことで

僕には実力がつく、経験が積み重なるという。

 

なにより完成度の高いモノが生み出されるわけだから、

一石二鳥どころではない。

 

頼み上手は天才だ。

 

 

それを感じた今、

 

頼まれることが増えれば増える程に

頼むことが上手になれそうな気がする。

 

これはきっと、人に任せることも上手になれると思う。

 

頼まれることが、頼むことの練習だった。

頼まれる喜びと、頼まれる辛さ。

 

両方味わったから、喜ばれる頼み方が分かってきた。

頼んでくれる皆様、ありがとうございます😁

 

 

 

 

初めに書いた内容に戻るけど、

「できるかどうかは別としてなるべく自力で」

の時点で、

自分ができなかった時に、できる人のスゴさを実感する。

これも大事だと思った。

 

もしできるのなら、自分でやればいい。

できないのなら、できる人に頼めばいい。

その時はきっと気持ちの良い頼み方ができるんだろうよ。

 

 

だから、 まずはやってみる を大事に

これからもやっていく。

挑戦なきところに成功なしです。

 

おわり。

 

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今になって蘇ってきた、小学生で教わったこと

        古宇利島へ引っ越して1ヶ月がたった。 いろんなことがあったし、ひとつひとつをブログへ書いていたらきりがないので省略しながらも少し摘んでお話を。 …

古宇利島へ移住して3年目スタート!

  ブログ読んでいるみなさんいつもありがとうございます。 早いもので大学を卒業して、古宇利島に来てから2年が経ちました。   あっという間の2年だけど、いろいろあったな。 めちゃめ …

ブログリニューアルにあたり。

ブログリニューアルにあたり。 11月頃からブログを更新していました。 古宇利島と太陽の塔のことをメインに書き続け、記事の数は85。 3ヶ月続けることが第一目標ではありましたが、諸事情でリニューアルする …

どっちかといえば

    やるかやらないかで言ったら やる側でいたい。 けども、やる側でいるのは大変。   やらない時のほとんどは、やれないんじゃなくてやらない時。 気づくともっともらしい …

岐路

    俺って人生の岐路の大きな部分を過ぎた辺り? とこないだ思った〜     去年、大学を卒業して、今は古宇利島にいる。   大学1年の時に古宇利島 …

 Shinji Ogata




92年福岡県の北九州市生まれ、埼玉県の浦和育ち。青学卒。 大学生の頃通い始めた古宇利島。気づけば今は古宇利島でいろいろ頑張っています。古宇利島ビーチサイドというお土産屋をやってます。


〒905-0406
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利348
(ブルーガーデン敷地内)
(古宇利大橋渡り、すぐ右に曲がる)
ロゴをクリックすると移動します。

星空フォトツアー開催しています。
詳しくはWebサイトを御覧ください。
ロゴをクリックすると移動します。